過敏性腸症候群 ガス 治し方

鼻歌を歌う

鼻歌

「鼻歌を歌う?」っと思われた方が多いと思いますが(笑)

 

これは私にとってかなり効果が高いものでした。

 

ガスがしたくなるとどうしても 「どうしよう!どうしよう!」ってそのことばかりに神経がいってしまいますよね。

 

それ自体が過敏性腸症候群の悪いところ!

 

この「どうしよう!どうしよう!」がさらに腸に対してストレスを生み出し、ガスを連発させてしまいます。

 

こんな時に「鼻歌を歌うんです」

 

ヤバイ!!っと思ったら「んんんんん〜」って自分の好きな歌を歌ってみてください。

 

できるんだったら、声を出して歌ってもいいです。

 

これが私の場合、かなりの確実でガスをおさめさせることができました。

 

あと、普通にストレスがかかるときにも使えます。

 

上司に嫌味を言われたり、友達に嫌がらせをされたり、何かとんでもないミスをしてしまったり、
綺麗な女性と二人っきりでエレベーターに居合わせてしまったり(笑)

 

そんなときにも、「鼻歌」

 

鼻歌が歌えないときには心の中で歌いましょう!

 

そうすると 「どうでもいいや〜」「なんとかなるわ〜」「OK!OK!」みたいな気持ちになれるものです。

 

この「鼻歌」について、ちょっと忘れてしまったんですが、何かのストレス解消本で書かれていたことなんですね。

 

私のただ単の経験だけというものではなくて、お偉い人が言っていた「効果があるもの」なのでやってみると良いと思いますよ。

 

余談ですが、私が鼻歌でよく歌う歌は中山美穂さんの 「ツイてるねノッてるね」とか渡辺美里さんの 「My Revolution」とかです。

 

 

 

古いですが。。元気が出ます(笑)

 

あと、今のアニメソングもいい歌多いですね〜。娘が見るテレビで知ったものですが「アイカツの歌」なんか最高です!ストレス吹っ飛びます(笑)

 

 

どんな人にも、自分が 「元気になれる」「やれる!!」って思えるお気に入りの歌があると思います。

 

男性で言うとミスチルの 「終わりなき旅」とか女性で言うと竹内まりやの 「元気を出して」とかが鉄板ですかね。

 

とりあえず、自分にとって元気が出る歌を「ガスが出そうなとき」「ストレスがかかるとき」に鼻歌ってみてください(^_^)v

 

ちなみに最近お気に入りの音楽はこちら↓↓