過敏性腸症候群 ガス 治し方

寝る時間を決める

睡眠

ガス型を改善するために、行動した一つに 「寝る時間を決める」ということがあります。

 

生活習慣を改める一環ですが、よく世間で言われていることが、私とは反対の「朝起きる時間を決める」ということ。

 

それによって生活リズムが良くなるってことなんですが、普通、学校や仕事に就いている人なら、朝起きる時間は必然と決まっていると思うんですね。

 

まあ、遅刻が当たり前!っという人は別ですが。。(笑)

 

だから、生活リズム、そして睡眠リズムを良くするためには、寝る時間を決めることが大事だと思い、夜は0時には寝ると決めました。

 

通常、仕事の関係上6時には起きるので、睡眠時間を6時間確保した形になります。

 

今までは、子供に合わせて、夜10時前に寝て8時間以上も寝てしまったり、だらだらとテレビを見て4時間半しか寝なかったり、ほんと不規則な睡眠を繰り返していました。

 

はやり人間には睡眠っというのは大事なので自分がしっかり寝れるという時間が分かれば、その睡眠時間を固定することでしっかり疲れも摂れるようになるし、自然と生活リズムが一定してきます。

 

生活リズムが一定するとお腹への負担も少なくなるし、 「睡眠不足で。。。疲れが。。。ストレスが。。。」っということも少なくなります。

 

寝る時間を決めれない人の場合、一番多いのが夜テレビを見る習慣がある人だと思います。

 

私がそうでしたから。。。(汗)

 

深夜のテレビって、けっこう面白い番組とかけっこうやってるんですよね。テレ朝の深夜番組とか。。。

 

報道ステーションを見たばっかりに、その後、その後の番組がけっこう面白くて 「いつの間にかこんな時間!!」ってことがよくありました。

 

0時には寝ればいいのですから、テレビを見る時間は確保できるわけですが、私の場合、どうしても見ることが止まらない性格なので、テレビを見ることをほとんどやめてしまいました。

 

今、見るテレビといえば、子供に付き合っての「アイカツ」や「たまごっち」などのアニメばかり(笑)

 

他は一切見てないです。たまにサッカーの日本代表戦ぐらいは見ますが。。。

 

テレビを見る習慣がある人は、「そんなことできない!!」「友達の会話にも付いていけなくなるし。。」っと思ってしまうと思いますが、止めてみるとけっこう大丈夫ですよ。
どうしても見たいテレビがあるなら、録画して空き時間に見ればいいだけです。

 

そうすれば、無駄な時間を省けて、生活リズムにも影響しません。