過敏性腸症候群ガス型 治し方

朝食を摂る【過敏性腸症候群ガス型の治し方】

朝食

私がまず考えたことは、無理をしても結局はストレスになって跳ね返ってきそうな気がしたので、自分でできそうなことからやるということでした。

 

そしてまず実行したことが「朝食を摂る」ということです。

 

朝食を摂っている人からすれば、「何だそんなこと。。」っと思われると思いますが、前にも述べたとおり、寝ることばかり優先して朝食を摂っていなかった私にするとこれでも自分では立派な行動でした。

 

こんな簡単な行動でさえもはじめはなかなかできず、寝過ごしてしまったりしていましたが、そんな時でもコンビニでおにぎりを買って、食欲がなくても放り込むようにしました。

 

今では当然のように朝起きて、家で30分ぐらいの時間をかけて朝食を摂るようになりましたが、ここまでの道のりは結構長かったです(汗)

 

なぜ朝食を摂ることからはじめたのか?

 

私が、まずはじめに朝食を摂ることから始めたかというと、昼食、夕食はどうしても仕事の関係で決まった時間に食べれないことが多いということだったんです。

 

決まった時間に食事を摂れるのは朝食しかなかったんですね。

 

やはり過敏性腸症候群っという病気はお腹!それも大腸の異常ということなので、まずは食生活をできる範囲で正常なものに変えていく必要があります。

 

そこで基本的に必要な食の生活習慣が3食きちんと食べるということ!

 

食のリズムがちゃんと整えらると必然にお腹のリズムも整えられていきます(経験上)

 

わたしはあまり間食をしない人なので関係ないですが、おやつと称して食の「間、間」にお菓子などをぼりぼり食べることもお腹には良くない行動です。

 

おやつは少なめにしておいた方が良いです。

 

でも「やめろ!」とは言いません。

 

おやつが自分の中で一番の楽しみと思っている人は止めることがストレスとなってしまうのでほどほどにっという気分でいいと思います。

 

あと私は和食派なので毎朝、「味噌汁」を飲むことがとてもいい感じです。

 

味噌汁自体が大豆だからとても栄養があるし、具として野菜が入っているため、野菜をきちんと食べない私でもしっかり摂れるという点でお腹の健康を維持できていると感じています。

 

洋食派の方は、コーンスープとかオニオンスープなんかでも良いと思います。野菜がしっかり溶け込んでいるし、とにかく温かいものを摂ることで腸を正常に働かせますからね。

 

あと家で朝食を摂れない環境にいる方は、吉野家や松屋の朝定食などを利用すると良いと思いますね。

 

味噌汁もあるし、納豆もあるし、松屋の場合は生野菜もついてくるのでかなり良いです。

 

でも、マクドナルドとかはイマイチかな?と思います。脂っこいものが多いので。。

 

とにかく、ちょっとお金はかかってしまうと思いますが、朝食を摂る習慣をつけることが大事なのでそれもガス型脱出のための投資と思ってやってみることをオススメしますね。